高原直泰インタビュー



――サッカーと出会ったきっかけから教えてください。
サッカーの盛んな静岡の出身なので、みんなが自然とサッカーに触れ合っていました。僕も近所の友達といろいろな遊びをする中で、サッカーをやる機会が多かったという感じですね。親から「サッカーをやりなさい」と言われたり、兄の影響を受けたりというようなことはまったくありませんでした。

――小学校時代から「三島の高原」、「沼津の小野(伸二)」あたりは、かなり有名だったと思います。
どうでしょうね。小野は小学生の段階から東海選抜に入ったりしていたので、県内でも知っている人は多かったと思います。でも、僕の場合はそういうのに縁がなかったから。三島はよく伊豆のチームと試合をやったので、そのへんの地域では名前ぐらいは知られていたかもしれませんが、清水市の方の人はたぶん知らなかったはずです。知名度が少し上がったとするなら、NTTカップという少年団の最後の県大会で、ポンと決勝まで行ったときだと思います。

――当時から両足を同じように使える選手でした。
それは練習していました。右足だけじゃなく、左足でも蹴れるようにって。うちの父親がどこからか(ゲーリー・)リネカーの記事を持ってきて、そこに「両足を蹴れれば、チャンスが4倍になる」みたいな内容が書いてあったんです。それから自分の利き足とは違う左足も蹴れるように意識して練習しました。あと、少年団は普通、4号という少し小さいボールを使うのですが、僕は5年生ぐらいに一般用の5号ボールを買ってもらって、それで練習をしていましたね。

――子供たちが練習する上で、小学校時代にこれだけはやっておいた方がいいということは何ですか?
まず楽しんでサッカーをやるというのは当たり前ですね。それと、個人技術を磨くことはやっておいた方がいいです。ボールをしっかり止めて、正確に蹴るという基礎的な技術です。僕が小学校のときは、チームにきちんとした指導者がいなかったこともあって、そういった練習があまりできなかったので、今になってとても感じるんです。基礎技術は小さいときにやっておかないと、身体が大きくなってからではなかなか身につきません。でも逆に、小さいときに身につけておくと、大きくなったときに絶対に生きてくるものなんです。

――元ブラジル代表のロナウジーニョ選手が得意としていた「エラシコ(足のアウトサイドでボールを軽く外側に押し出し、同じ足のインサイド逆側に切り返す動作)」、あのプレーはロナウ ジーニョ選手より先に高原さんがやっていたのでは(笑)?
やっていましたね(笑)。中学のときにいろいろなフェイントを練習していましたから。中学の監督がフェイントなど、個人のスキルを1人1人にしっかり叩きこんでくれたんです。コーンを何列も並べて、右足だけ、左足だけ、足の裏だけといった条件つきで延々と2、3時間ドリブルをやっていた覚えがあります。監督は南米やヨーロッパといった海外サッカーのビデオを見せてくれて、「もっとボールが足に吸いついてるように扱え」とか言われながら。要求されることのレベルも高かったのですが、小学校のときにほとんどやってこなかった個人技術を叩きこんでもらったのは、今になって思うと本当に大きかったですね。

――中学、高校への進路はどのように決めたのですか?
東海大学第一中学に進むときは、やはり自分の意志だけでは決められない部分もありました。もちろん、自分自身は一中に行きたかったのですが、親の協力がなければ行けなかったと思いますし、あのとき親が後押ししてくれなかったら、今の自分もなかったはずです。そういう意味で、僕の気持ちを理解してくれた親にはとても感謝しています。ただその後、清水東高校への進学は自分の意思で決めました。

――清水東に入りたい特別な理由があったのでしょうか?
1学年上に山崎光太郎さん(※1)という先輩がいて、U-15などの代表に入らせてもらったときにずっと一緒でした。すごい選手だったので、高校でも一緒にやりたかったというのが一番の理由でしょうか。また、小野伸二が行った清水商業になぜ行かなかったのかよく聞かれるのですが、自分としては清水商より清水東の方が自主性を重んじていて、自分がやりたいサッカーをできると思ったからです。
※1静岡県立清水東高等学校在学時の1994年にU-17日本代表の一員としてAFC U-17選手権優勝に貢献。当時チームメートの小野伸二、高原直泰、稲本潤一以上の評価を得る。名古屋グランパスエイト→中京大学→清水エスパルス→ヴァンフォーレ甲府。2007年を最後に現役引退後、2008年、古巣の清水エスパルスの強化部スカウトに就任。

――清水東に進学してから、食生活はいかがでしたか?
1年生の頃はほとんど気を使っていませんでしたね。昼は学校内で買うことができるパンばかり食べていました。でも、現在J-STEP(清水ナショナルトレーニングセンター)があるあたりの下宿先に入ってからは、朝と夜はきちんとした食事を面倒見てもらえるようになりましたし、昼もなるべく考えて食べるようにしました。ちょうどその頃、U-15の代表合宿などで、栄養士の方から1週間の食事をチェックしていただいたり、こういうものを食べた方がいいと教えていただいたりして、食に対する意識が変わった部分もあります。普通にやっていたらそういう機会はなかなかなかったと思いますし、周りより食に関する意識は早い段階で持ち始めたと思います。代表に入らせてもらったことで、ただサッカーをやるだけじゃなく、食べ物や健康管理といったサッカー以外の面でも勉強させてもらいました。



――ジュビロ磐田に入団し、2002年からは6シーズン、ドイツのブンデスリーガで活躍されました。その要因はどこにあったのでしょうか。
自分を信じてプレーを続けたことでしょうか。でも、当時はチームに通訳が入れなかったので、言葉の面でやはり苦労しました。練習中、言われたことを覚えておいて、練習後に言葉がわかる人に教えてもらうんです。その場に一緒にいればすぐにわかることが、理解するのに1日かかってしまうわけです。そうなってくると、コミュニケーションがなかなか取れないですし、フォワードをやっている以上、ボールをもらえないとうまくプレーもできません。だから最初はすごく大変な思いをしましたね。でも、その前にアルゼンチンでプレーしたこともあったし、海外での生活や環境が変わるという状況を寂しいと感じることはありませんでした。

――最近ではブンデスリーガで活躍する日本人選手も増えています。彼らにアドバイスをお願いします。
アドバイスはとくにないですね。テレビで見ていると、みんな、堂々とプレーしていますから。逆に、彼らがドイツで日本人の価値観を上げてくれているように感じます。向こうの監督などが、真面目でしっかり全力でプレーする日本人の気質や、技術の高さをとても評価してくれているようですし。そういった意味で、僕からアドバイスすることはありません。これからも楽しんでサッカーをやってもらえればいいかなとは思いますけどね。

――その後、浦和や韓国・水原を経て、今季から清水に加入しました。地元・静岡に戻ってきた感想と、清水での抱負を聞かせてください。
やはり懐かしいですし、帰ってきたなぁという感じですよね。普通に町を歩いてるだけで、周りの人から「応援してるから頑張ってくれよ」といった声をたくさんかけてもらっています。それが少しプレッシャーでもありますが、応援してくれるファンの方の期待には応えたいと思っています。高校を卒業してすぐに清水に来てくれればよかったのにと思う方もいるかもしれません。でも、これまでいろいろな経験をしてきて、あの頃には自分が持っていなかったものが今の自分にはあります。そういうものをこの清水エスパルスに還元して、チームとともに自分も成長していければいいと思っています。

――新加入で副キャプテンを任されました。チームと個人、具体的にはどんな目標がありますか?
チームの目標は優勝です。やはり〝てっぺん〟を目指してやらないといけないと思いますし、チームが一番上を目指す中で、自分も力になりたいですね。副キャプテンは監督が決めたのですが、やることはそれほど変わりません。仮に副キャプテンにならなかったとしても、年齢的にはチームで上の方だし、若いチームなのでキャプテンの小野や自分たちでどんどん引っ張っていかないと。ただ、個人的な目標はありません。今までも立てたことはないし、結果的に得点王争いや個人タイトルにつながればいいという考えです。とにかく清水のために全力で頑張ります。

この記事は、少年サッカーマガジンCOPA magazine にて詳しくお読みいただけます。
http://www.copamag.com/

2011/07/22