ドイツビール紹介①

前回はドイツビールの歴史を紹介しました。
今回から様々な現在飲まれているドイツビールを紹介していきたいと思います!
写真1 ベックス

ベックスは麦芽とホップのバランスが絶妙で軽やかなアロマ、爽快な切れ味、程よい苦味が特徴です。テイストとしては、最初にやや強めの炭酸・軽快な切れ味に変化しアフターフィニッシュは短めです。アルコール分5.0%

写真2 サリトス テキーラビール

ドイツでしっかりと造られたプレミアム・ビールにテキーラとライムを添加し、テキーラ由来の味わいとアルコールの暖かさ、そこに甘味とスッキリとした後味が加わり、イメージとは違って意外と飲み易く、絶妙なバランスで整えられた味わいに仕上がっています。アルコール5.9%

写真3 シュパーテン オプティメーター

ボックビールをさらに強くしたドッペルボックタイプ。元来、修道士の断食時の栄養源として作られていました。蜂蜜や、プルーンのような風味を持った濃厚な黒ビール。アルコール5%

写真4 ヴァルシュタイナー

創業は1753年、オランダ、ベルギーと国境を接するノルドライン・ヴェストファーレン州のヴァルシュタインという町で現在も醸造されています。このヴァルシュタイナーはドイツで最も人気のあるビールで、ドイツ国内でNo,1のシェアを誇ります。ドイツのピルスナービールは4タイプあり、そのうちの1つであるザウアーレンダー・ピルスナーの最も代表的なものが、このヴァルシュタイナーなのです。アルコール4.8%

写真5 ディーベルス

ローストされたババリア産の大麦麦芽とハラタウ産のホップのみで造られた、美しい赤銅色の上面醗酵ビールです。キリッと引きしまった苦味と、雑味のないすっきりとした味わいです。アルトビールはデュッセルドルフ名産のビールです。アルコール4.8%

ドイツではビールは16歳(保護者同伴ならば14歳)から飲むことができます。前回紹介したミュンヘンのオクトーバー・フェストは世界最大のビール祭りだといわれています。ちなみに蒸留酒は18歳から飲むことができます。 国民的酒類として年間ドイツ国民一人当たり116リットルのビールが消費されており、これは世界最大の消費量です。

では、上のスライドのビールを見ていきましょう。

写真一枚目:ベックス
ベックスは麦芽とホップのバランスが絶妙で軽やかなアロマ、爽快な切れ味、程よい苦味が特徴です。テイストとしては、最初にやや強めの炭酸・軽快な切れ味に変化しアフターフィニッシュは短めです。アルコール分5.0%

写真二枚目:サリトス テキーラビール
ドイツでしっかりと造られたプレミアム・ビールにテキーラとライムを添加し、テキーラ由来の味わいとアルコールの暖かさ、そこに甘味とスッキリとした後味が加わり、イメージとは違って意外と飲み易く、絶妙なバランスで整えられた味わいに仕上がっています。アルコール5.9%

写真三枚目:シュパーテン オプティメーター
ボックビールをさらに強くしたドッペルボックタイプ。元来、修道士の断食時の栄養源として作られていました。蜂蜜や、プルーンのような風味を持った濃厚な黒ビール。アルコール5%



写真四枚目:ヴァルシュタイナー
創業は1753年、オランダ、ベルギーと国境を接するノルドライン・ヴェストファーレン州のヴァルシュタインという町で現在も醸造されています。このヴァルシュタイナーはドイツで最も人気のあるビールで、ドイツ国内でNo,1のシェアを誇ります。ドイツのピルスナービールは4タイプあり、そのうちの1つであるザウアーレンダー・ピルスナーの最も代表的なものが、このヴァルシュタイナーなのです。アルコール4.8%

写真五枚目:ディーベルス
ローストされたババリア産の大麦麦芽とハラタウ産のホップのみで造られた、美しい赤銅色の上面醗酵ビールです。キリッと引きしまった苦味と、雑味のないすっきりとした味わいです。アルトビールはデュッセルドルフ名産のビールです。アルコール4.8%

では、次回もまた、様々なドイツビールを紹介していきたいと思います! お楽しみに。

2012/01/26