ドイツビール紹介③

前回に引き続き、現在飲まれている様々なドイツビールを紹介していきます!!
写真1 ゲッサー

ゲッサービールは、オーストリアの名水と厳選されたホップ・大麦のみで醸造された一番人気のピルスナービールです。薫り高く適度なこくと苦味を持ち、純粋で上品な味が特徴です。アルコール5.2%

写真2 ケストリッツァー シュヴァルツビア

ドイツ、チューリンゲン州のバートケストリッツで造られるこのドイツビールは、ドイツで最も有名な黒ビールの一つで、18世紀頃から広く知られるようになりました。ビターチョコレートようなスパイシーな香りを持ち、クリーミーな泡が一層このビールの旨さを引き立てているのが特徴です。文豪ゲーテも愛したと言われています。 アルコール4.8%

写真3 レーベンブロイ

レーベンブロイは、ドイツのミュンヘンにあるレーベンブロイ(Löwenbräu)社(2004年以降はインベブの子会社)で生産しているビールの銘柄の1つです。ビール純粋令に基づき原料は麦芽とホップと水のみで、副原料を使用しない伝統的ミュンヘン式ビール。レーベンブロイはドイツ語で「獅子のビール」を意味します。アルコール5%

写真4 エルディンガー・ピカントゥス

エルディンガー醸造所が作るヴァイツェン・ボック。通常のヴァイスビアよりアルコール度数が高く、濃厚でコクがあります。スパイシーな香りと熟成された甘味の濃厚さと、高いアルコールとが複雑に絡み合ってコクの有る味わいを造りだしていますが、後口には残らずなめらかな喉越しとなっています。アルコール7.3%

写真5 アインベッカー・ボック・ヘル

淡い色が特徴です。さっぱりとキレもある、苦みが少なく飲みやすい仕上がりのビールです。北ドイツのアインベックは、ダーク・ビールの町として知られています。 アルコール6.5%

ドイツではもちろんサッカー観戦にもビールは欠かせません。 オクトーバーフェストで世界的にも有名なミュンヘンではもちろんのこと、ブンデスリーガのほとんどのクラブでは、公式スポンサーとしてビール会社のスポンサードをうけています。サッカーチームとビールスポンサーの関係の中でも、ゲルゼンキルヒェンをホームタウンとするシャルケスタジアムは特別です。このスタジアムの地下には16万リットルものビールタンクが埋められており、スタジアムのどこに居てもすぐに生ビールが飲めるようになっています。ドイツの人々にとってサッカーとビールは密接に繋がっています。

では、さっそく上のスライドのビールを見ていきましょう。

写真一枚目:ゲッサー
ゲッサービールは、オーストリアの名水と厳選されたホップ・大麦のみで醸造された一番人気のピルスナービールです。薫り高く適度なこくと苦味を持ち、純粋で上品な味が特徴です。アルコール5.2%

写真二枚目:ケストリッツァー シュヴァルツビア
ドイツ、チューリンゲン州のバートケストリッツで造られるこのドイツビールは、ドイツで最も有名な黒ビールの一つで、18世紀頃から広く知られるようになりました。ビターチョコレートようなスパイシーな香りを持ち、クリーミーな泡が一層このビールの旨さを引き立てているのが特徴です。文豪ゲーテも愛したと言われています。 アルコール4.8%

写真三枚目:レーベンブロイ
レーベンブロイは、ドイツのミュンヘンにあるレーベンブロイ(Löwenbräu)社(2004年以降はインベブの子会社)で生産しているビールの銘柄の1つです。ビール純粋令に基づき原料は麦芽とホップと水のみで、副原料を使用しない伝統的ミュンヘン式ビール。レーベンブロイはドイツ語で「獅子のビール」を意味します。アルコール5%

写真四枚目:エルディンガー・ピカントゥス
エルディンガー醸造所が作るヴァイツェン・ボック。通常のヴァイスビアよりアルコール度数が高く、濃厚でコクがあります。スパイシーな香りと熟成された甘味の濃厚さと、高いアルコールとが複雑に絡み合ってコクの有る味わいを造りだしていますが、後口には残らずなめらかな喉越しとなっています。アルコール7.3%

写真五枚目:アインベッカー・ボック・ヘル
淡い色が特徴です。さっぱりとキレもある、苦みが少なく飲みやすい仕上がりのビールです。北ドイツのアインベックは、ダーク・ビールの町として知られています。 アルコール6.5%

次回もまた、様々なドイツビールを紹介していきます! お楽しみに。

2012/02/07