ドイツ世界遺産紹介③アーヘン大聖堂

こんにちは。
今回はドイツの世界遺産「アーヘン大聖堂」について見ていきたいと思います。

1978年、ドイツで一番初めに世界遺産として登録されたのが、このアーヘン大聖堂です。
アーヘン大聖堂は北部ヨーロッパでは最古のものです。786年にカール大帝がアーヘンの宮殿教会の建設を始め、814年にカール大帝が死ぬと彼は自身の大聖堂に埋葬され、彼の骨はいまも特別の神殿に保存されています。 大聖堂は、一千年以上の時を経て、現在の装いを調えました。
この大聖堂は、936年から1531年にかけての約600年間に神聖ローマ帝国の30人の皇帝たちの戴冠式が執り行われた場所でもあります。 また、巡礼者の莫大な流入に対処するために、ゴシック建築の時代に聖歌隊のためのホールが造営されました。それは2つの部分からなるガラスの礼拝堂でカール大帝没後600年を記念して奉献されたものです。 (下写真参考)

1000年に、オットー3世はカール大帝の霊安所を開帳しました。遺体は大理石の玉座にすわり、皇帝のローブをまとい、頭には帝冠を戴き、膝には福音書が開かれてまま置かれ、手には王笏があったと言われています。

アーヘン大聖堂の外装と内装です。








アーヘン大聖堂の宝物館には「ロタールの十字架」「カール大帝の胸像」「ペルセフォネの石棺」など、後期ルネサンスの傑作が展示されています。
次回のドイツコラムもお楽しみに!

2012/04/05