ツィーラーがドイツ代表の第3GKに

ロン=ロバート・ツィーラー(ハノーファー96)がドイツ代表の新たな第3GKに。ヨアヒム・レウ/ドイツ代表監督は、この22歳の新鋭を、オーストリア戦(ユーロ予選・9月2日)、ポーランド戦(9月6日)にむけて召集。この驚きの知らせを、ツィーラーはセヴィージャ戦の次の日に、ミルコ・スロムカ監督から伝えられた。スロムカ監督には、事前に、代表GKコーチのアンドレアス・ケプケから連絡が入っていた。ケプケは次の様に語っている。「ロン=ロバートは、まだ若いGKだけれども、2011年初めからブンデスリーガでレギュラーとしてやってきている。それ以来というもの、非常にすばらしいパフォーマンスを見せてきた。それは今シーズンに入ってからも変っていない。ハノーファーがヨーロッパリーグ予選に出場できたのは、彼の活躍によるところが大きい」。この驚きの召集は、ルネ・アドラーがケガ(7月半ばにヒザの手術)により長期離脱を余儀なくされているためでもある。アドラーの復帰は10月になりそう。

2011/8/19