リュフュカーイ:思い返される墜落事故

ロシアでの飛行機墜落事故。この事故では、アイスホッケー/ドイツ代表のロバート・ディートリッヒを含む、あるクラブチームの選手全員が死亡。この事故を聞いた、アウクスブルクの監督/ヨス・リュフュカーイはかつての悲劇を思い起こしたと。リュフュカーイは1989年、悲劇を免れたことがある。彼は、当時フェンロとともにプレーオフを戦わねばならなかったため、スリナムでのチャリティーマッチには参加できずに、オランダに留まった。すると代表14選手などが乗ったその飛行機が墜落、総員179人が死亡する大惨事となった。リュフュカーイ監督「墜落事故のあと、再び飛行機に乗れるようになるには、かなりの時間を要した。逃げ道がないような状況に対する恐怖感がずっとつきまとっていた」。

2011/9/9