ゴメス、歴史的なスピードでゴールを量産

マリオ・ゴメス(バイエルン・ミュンヘン)は、シーズン第5節を終えて8ゴール。これは43年ぶりとなる記録。第5節を終えてのこれまでのベスト記録は、ペーター・マイヤー(ボルシア・メンヘングラートバッハ)がなした、1967/68シーズンでの9ゴール。フライブルク戦で4ゴール(ゴメスにとってはブンデスリーガで2度目)をあげ、シーズンゴール数を倍増したゴメス。第5節を終えて8ゴールを達成したのは、ゴメス以外に48年のブンデスリーガの歴史の中でこれまでたったの2選手:1968/69シーズンにゲルト・ミュラー(バイエルン)、1977/78シーズンにディーター・ミュラー(ケルン)。ゲルト・ミュラーがシーズン最多ゴール数記録(40)を樹立した1971/72シーズンについていえば、その時の彼の第5節を終えてのゴール数はわずかに1であった。

2011/9/10