ボーフム、フンケル監督を解任

VfLボーフムは、アウェイ/ディナモ・ドレスデン戦での負け(1:2)から1日、緊急会議の末、フリートヘルム・フンケル監督(57才)を解任。ドレスデンでの負けで、ボーフムは4連敗。ボーフムにとっては、2部リーグでの開幕スタートでのこの成績はそのクラブ史上最低のもの。第7節を終えて、勝ち点4で17位。直接昇格となる2位との差はすでに勝ち点12になっている。フンケル監督は、2010/11シーズンからボーフムを率い、昨シーズンはボルシア・メンヘングラートバッハとのプレーオフに敗れ、1部昇格を逃した。
ドレスデン戦、チョン・テセは90分フル出場。乾選手は、スタメン出場も、45分に2枚目のイエローをもらい退場に。

2011/9/13