マテウス、ブルガリア代表監督を解任に

ローター・マテウスは、ブルガリア代表監督に就任してわずか1年で解任に。ブルガリアは、マテウス監督のもとで2012年ユーロを目指していたが、予選でまったく結果が残せず。後任には、ブルガリア人のミハイル・マダンスキが。ローター・マテウス「今回の決断は、イングランド戦での0:3、スイス戦での1:3の後で、ユーロ出場への道が断たれたこともあり、驚くことではなかった。あくまで結果に対する対応で、パフォーマンス自体への評価ではない。パフォーマンス自体はよかったが、結果がついてこなかった」「ゆっくりと休養をとり、その後は前を向いてまたやっていきたい」。ブルガリアは、マテウス監督のもとで9戦を戦い2勝のみ。

2011/9/19