ブレーノ宅の火災:検察が捜査

ミュンヘンの検察当局が、ブレーノ(21才、バイエルン・ミュンヘン)に対し、放火の疑いで捜査を開始。現在の見解では「火災は偶発的なものによるものではない」とのこと。火災当時、ブレーノは在宅しており、煙を少し吸ったものの、助かっている。消防による発表では、地下のゲストルームが火元とのこと。また、火災のときには、その妻と子供3人は不在。
その後、逃亡およびに証拠隠滅の恐れがあるとして、ブレーノは拘束されることに。

2011/9/23