岡崎先発出場も最下位相手に逆転負け

ブンデスリーガ第6節、岡崎慎司所属のVfBシュツットガルトはハンブルガーSVと対戦し、岡崎慎司は先発出場、後半32分までプレーをした。チームは前半18分にマルティン・ハルニクのゴールで先制したものの、後半セットプレーから2点を奪われ、監督の交代劇があった最下位ハンブルガーに逆転負けを喫し3連勝はならなかった。

2011/9/24