バイエルン・ミュンヘンが6連勝

ブンデスリーガ第7節、バイエルン・ミュンヘンはホームで昨年2位のバイヤー・レバークーゼンと対戦、3-0で圧勝し6連勝を飾った。
前半5分、流れるようなパスワークからトーマス・ミュラーの2試合連続ゴールで早くも先制。その後前半19分、ダニエル・ファン・ブイテンが強烈なFKを直接決め追加点を奪うと、ロスタイムにケガから復帰したロッペンがシュバインシュタイガーからのスルーパスで抜け出し、キーパーとの1対1を冷静にゴールを決めた。
バイエルン・ミュンヘンは最高の形で27日に行われるUEFAチャンピオンズのマンチェスター・シティ戦を迎える。
宇佐美貴史はベンチ入りしなかった。

2011/9/25