トプラク、トルコ代表へ

エメル・トプラク(バイヤー・レバークーゼン、DF、22才)は将来的にドイツ代表ではなく、トルコ代表としてやっていくことに「とてつもなく難しい選択であり、決断だった。長い時間、そして非常にインテンシブに熟考しての結論。身近な人たちや家族と何度も話をして、最終的にトルコ代表でやることに決めた」「ドイツ代表には感謝してもしきれないぐらいの恩があることは心得ている。けれど、自分の奥、深層では、自分はやはりトルコ人だと感じている。最後の最後は、自分の心が決断を下した」。センターバックのトプラクは、2008年、U19ドイツ代表でヨーロッパチャンピオンに。ドイツのラーヴェンスブルク生まれのトプラクはまだトルコのパスポートを持っていない。

2011/9/26