ドイツ代表に再びゴメスが

ヨアヒム・レウ代表監督は、ユーロ予選の残り2試合(10/07のトルコ戦 in イスタンブール、10/11のベルギー戦 in デュッセルドルフ)に向けて、現時点での最強メンバーをそろえた。 24人のメンバーのなかには、これまでの中心選手、そして今年、ユーロ予選をともに戦ってきたメンバーが入っている。9月の代表戦ではメンバーに入っておらず、今回招集されたのは、マリオ・ゴメス、サミ・ケディラ、デニス・アオゴの3選手。逆にこのところメンバー入りして今回外れた選手は、ドルトムントの2選手(マルセル・シュメルツァー、スヴェン・ベンダー)。この両選手について、レウ監督は「両選手は、ここ数週、たびたびケガを負ってきた。そのため、今回はこの二人は呼ばないことにした」「二人とは電話をし、この期間を利用して所属クラブでしっかりトレーニングをつんでほしいと伝えた」。

2011/10/1