コラー、オーストリア代表監督に

スイス人/マルセル・コラー(50才)がオーストリア代表の新監督に。コラーは、2003年11月から2004年6月までケルンを率いたが、2部への降格を阻止できず。コラーは、ルーカス・ポドルスキーを発掘した監督として名が通っている。2005年から2009年、コラーはVfLボーフムを率い、2006年には1部昇格を果たし、3度にわたりチームを1部残留に導いた。スイスでは、ザンクト・ガレン(2000年)、グラスホッパース・チューリッヒ(2003年)を優勝に導いている。グラスホッパースでは、コラーは選手として7度の優勝を経験している。

2011/10/3