エジル、うわさ話に怒りを・・・

イスタンブールでのトルコ戦、メスト・エジルはわざと出場しなかったという噂について、彼はそんな馬鹿げた話はないと反論「ボクのことを少しでも分かってくれている人なら、自分は出来るだけ多くのゲームに出場したいタイプの選手だと知っているはずだ。それが、レアル・マドリードでのゲームであろうが、代表でのゲームだろうが関係なく。とくに、トルコでのゲームとなると、自分にとっては特別なハイライトともいえるもの」。トルコのメディアは、エジルがレウ監督に頼んで、出場を控えたと報道「報道で、イスタンブールでのゲームとなるとプレッシャーが大きすぎるのだろうなどと書かれているのを見ると、自分としては、なんと馬鹿げた話なんだと、頭を振ることしかできない。自分は、金曜の朝、レーヴ監督と自分のコンディションについて今一度話をし、痛みはあるものの、プレーする準備は出来ていると言った。でも、監督はそれを受け入れなかった。監督が言ったのは、我々はもう予選を突破しており、このゲームでリスクをおかすべきではないということだった」。

2011/10/09