CL:バイヤー、バレンシアを相手に逆転勝利

バイヤー・レバークーゼンは、チャンピオンズリーグでの次のラウンドに向けて、大きな前進を成し遂げた。ホームでのバレンシア戦、後半に入ると調子を徐々にあげたレバークーゼンは、2:1(0:1)での勝利。これで3戦で2勝。24分、バレンシアのブラジル人ジョナスに先制点を許すも、52分にシュールレ、56分にサムが得点し、逆転での勝利。
ロビン・ドゥット監督:「選手たちは、35分過ぎぐらいから、すばらしいパフォーマンスを見せてくれた。最初の30分は、見ていてもあまり良い出来ではなかった。でも、その後は、我々が主導権を握り、後半に入ってからは、怒濤の攻めを見せることができた。ここ数週、私としてはチームを擁護してきたが、今日、選手たちはそれに応えてくれた。チームの気持ちが伝わってきた。国際的なトップチームを相手に逆転をすることができた。今後につながるゲームとなった」

2011/10/19