ハインケス監督、ビデオ判定を要求

バイエルンのユップ・ハインケス監督は、ルール改定に向けてその意見を述べ、オフサイド判定などの際にビデオを利用することを要求「第4審判員には、モニターを備えておくべきだ。どうして、このような部分について、もっとフレキシブルに対応できないのか理解に苦しむ。今のままでは、第4審判員は、監督がコーチングゾーンから10センチ出ないかどうかをチェックするためにいるようなものだ」。また「PKとレッドカードという、二重のペナルティーについては、まったく不合理で無意味なルールだ」。

2011/10/21