ピサロ、ブンデスリーガ歴代ベストの外国人プレーヤー

ペルー代表のクラウディオ・ピサロは、ブンデスリーガ史上、最も得点率の高い外個人選手。ピサロ(ヴェルダー・ブレーメン)は、マインツでのゲーム(3:1)で、自らのブンデスリーガ150得点を記録。それに要したゲーム数は314。外国人得点率2位にいるのは、ジョヴァンニ・エウベル(ブラジル人、260試合で133ゴール)、3位にはやはりブラジル人のアイウトン(219試合106ゴール)。4位は、スイス人のステファーヌ・シャプイザ(228試合106ゴール)。

2011/10/29