CL:ドルトムント、ベスト16へのチャンスを残す

ボルシア・ドルトムントは、チャンピオンズリーグでの今季初白星をあげた。これによって、わずかではあるが、CLベスト16へのチャンスを残すことに。グループF/第4節、ホームでのオリンピアコス・ピレウス戦、1:0(1:0)での勝利。自力でのベスト16進出への可能性が出てきた。ゴールを決めたのは、グロースクロイツ(7分)。香川選手は66分から途中出場。 < br >ユルゲン・クロップ監督:「ちょっとした運も味方してくれた。非常にうまくゲームに入り込むことができた。2人のボランチは幾分オフェンシブな戦い方にうってでた。ただ、納得のいく勝利だったと思う。すばらしいゴールだった」

2011/11/02