バイエルンがナポリ相手に勝利

11月2日、チャンピオンズリーグ第4節のバイエルン・ミュンヘン対ナポリがミュンヘンのフースバルアレーナで行われ、バイエルンがゴメスのハットトリックなどで3対2で勝利した。
試合は前半17分、中央でパスを受けたマリオ・ゴメスが切り返してDFのマークをうまくはずしシュートを決めてバイエルンが先制した。そして前半23分にクロースのクロスをマリオ・ゴメスが合わせて追加点を決め2対0とした。その後もバイエルン・ミュンヘンは高いポジェッションで攻め続け、前半42分にクロースのシュートのこぼれ球をマリオ・ゴメスが決めて3対0とした。3対0となり一方的な展開が予想されたが、ナポリはそのままでは終わらず前半45分、後半34分にセットプレーから2点を返した。お互いに退場者を出す展開となったがそのままタイムアップとなり3対2でバイエルン・ミュンヘンが勝利した。
これで勝ち点10となり、死のグループと言われたC組の首位をキープ、決勝トーナメント進出に王手をかけた。次節は11月22日にビジャレアルと対戦する。

2011/11/03