レーヴ監督、ラームに休養を・・・

ヨアヒム・レーヴ代表監督は、ウクライナ(11/11 in キエフ)、オランダ(11/15 in ハンブルク)との代表戦で、キャプテンのフィリップ・ラームを休ませることに「木曜の午後、フィリップと電話をした。それで、今回は彼を呼ばないことに決定した」「フィリップは、毎シーズン多くのゲームをこなし、それも大抵が90分のフル出場。こうしたことを鑑みて、休みをとらせることにした。左サイドでの他の選択肢、選手を試すいい機会でもある」。また、ウクライナ戦では、GK/マヌエル・ノイアーも休養をとり、代わりに、ティム・ヴィーゼかロン=ロバート・ツィーラーが出場することに。ノイアーはそのため、キエフには向かわず、直接ハンブルク入りする。また、シュヴァインシュタイガーは鎖骨骨折のために代表を離脱。ラーム、シュヴァインシュタイガーの代わりに、ドルトムントのマルセル・シュメルツァー、レバークーゼンのラース・ベンダーが呼ばれることに。

2011/11/05