カタールのスタジアム、やはり空調設備は困難

2022年のW杯カタール大会は、灼熱の太陽のもと、スタジアムはやはり空調設備なしでということになりそうだ。建設会社の話では、「スタジアムに空調を設置するのは、あまりにもコストがかかるし、大がかりな設備となると、かなり信頼性に欠ける」と。カタールがW杯開催地として立候補した際には、空調の整ったスタジアムというのが、その基本にある前提条件であったはず。建設会社としては、他のプランを模索中で、太陽光を遮るような工夫がなされたスタンドや、アラビア地域で伝統的に使われてきた空調方法などが候補にあがってきている。

2011/11/08