レーヴ監督:色々と試したい・・・

ヨアヒム・レーヴ代表監督は、ウクライナ戦とオランダ戦、戦術面でも、また起用選手についても、いろいろと試そうとしているようだ。「この機会を利用して、いくつか試してみたいと思っていることがある」「2試合のうち1つでは、システムをいじって、4-4-2でやってみようと思う。また、どちらか1つのゲームでは、エズィルとゲッツェを2人同時に中盤で起用しようと思っている。キエフでは、ロン=ロバート・ツィーラー(ハノーファー96)が代表デビューを飾ることになる」。
クローゼは左ヒザの腱に炎症があるためウクライナでのゲーム欠場。

2011/11/08