ケルン会長オヴェラート、2013年に辞任

ヴォルフガング・オヴェラートは、2013年にケルンの会長を辞任することを明らかに:「もっと若い者がやるべき時だと思う。自分はここまで7年やってきたが、70才で再び普通の生活に戻ろうと思う」「2013年までのあと1年半、まだ時間はある。でも、それで終わりにしようと思う」。

2011/11/11