ゴメス、代表で初キャプテン

マリオ・ゴメスは、ウクライナ戦でドイツ代表50試合目をむかえるが、この試合では初のキャプテンに。ゴメスにとっては、キャプテンマークを付けるのは初めてのこと。ウクライナ戦では、GKのロン=ロバート・ツィーラーが代表デビューを飾るほか、エジルとゲッツェが初めて同時スタメンに。

2011/11/11