ケルン:オヴェラート会長ら辞任を表明

年次総会でヴォルフガング・オヴェラート会長を含む首脳3名が辞任を発表した。オヴェラート会長「今日の総会をもって我々3人は辞任することにします」「ケルンは、将来に向けて、しっかりと整った状況にあるとの判断のもと、ユルゲン・グロヴァツ、フリードリッヒ・ノイキルヒ、私の3人は、1.FCケルンの幹部職からの辞任を決意しました」「我々は、晴々した気持ちでいます。このFCは、いつまでも我クラブです」。オヴェラート会長は、先日、2013年までは今の仕事を続けると述べていた。オヴェラート「このところ、我々は内部でも、もはや1つのチームとは言えない状況になっていた。そうなると、名誉職であるこうした責務を続けていく必要があるのだろうかと自問自答するようになった」。辞任を表明した3名は、2004年6月14日から職務にあたってきた。

2011/11/13