ドイツ、オランダを一蹴

ドイツ代表は、W杯準優勝のオランダを相手に、印象的な、オフェンシブな戦いを見せると、3:0で勝利。ヨアヒム・レーヴ監督にとっては、代表監督としての75戦目にあたるこのゲームでの勝利。ドイツがオランダから勝利をあげたのは、1996年以来、15年ぶりのこと。ハンブルクでの、今年最後の代表戦には、満員の51,500人が詰めかけた。ドイツのゴールは、15分のミュラー、26分のクローゼ、66分のエジル。
クローゼはここでのゴールで代表63ゴール目をマーク。ドイツ代表歴代得点ランキングの首位にいる、ゲルト・ミュラー(68得点)まではあと5ゴール。

2011/11/15