ノイアー獲得についての批判的な意見を一喝:ヘーネス

バイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネス会長は、GKマヌエル・ノイアーを獲得したことについての批判的な意見に真っ向から反論。「黙っておくほうがいいのではないかとも、長い間考えたが、ダメだった。自分は黙っていられない。我々のチームがあれほどまでに昨シーズン時として不甲斐ないプレーをしていたこと、幾人かについてはアリアンツ=アレーナでどれほどまでに情けない姿を露呈していたことか」(クラブ年次総会で)「もし、あの移籍が間違いだったなどと思う者がいるとすれば、そんな人はとっとと帰ってほしい。ほんと申し訳ないが、そうして欲しい」「あれは、我ら首脳陣が下した100%正しい決断だった」「マヌエル・ノイアーは世界最高のGK。マヌエル・ノイアーほど、FCバイエルンに合う人間は他にいない。彼は、すばらしい拳を持っているだけでなく、すばらしい頭脳をも備えている。この点でいうと、これまでここにもそうではない選手が何人かいた」「ノイアーは、この先の10年、このクラブにおけるGK問題を無きものにしてくれると信じているし、チームを引っ張っていく人間ともなってくれるだろう」。

2011/11/18