リベリ、“ロリータ=スキャンダル”からの開放

フランク・リベリ(バイエルン・ミュンヘン)は近いうちにその“ロリータ=スキャンダル”から開放されることになりそうだ。裁判所は、当時16歳であった売春婦の本当の年齢を、リベリは知る由もなかったと判断。この少女とは、カリム・ベンゼマも関係を持っていたが、二人は、2010年7月に未成年者との淫行により訴えられていた。リベリは、このスキャンダルが表ざたになるとすぐに非難の的となり、多くの政治家は、彼を代表から外すことを求めた。

2011/11/20