ラファティ主審の自殺未遂、

ババク・ラファティ主審の自殺未遂、その理由はどうもプライベートなもののようだ。ラファティのホテルの部屋には、「サッカーにおけるプレッシャーなどとは無関係」と記された書置きがあったという。月曜、ラファティ主審(41才)については、違法な賭博や、ドイツのレフェリーをめぐる脱税スキャンダルとは無関係であることがすでに報道されていた。ラファティ主審は、土曜のケルンvsマインツ戦直前(40分ほど前)に、滞在中のホテル(ハイアット)の浴室で手首を切った状態で発見された。代わりの主審は間に合わず、このゲームは延期になった。

2011/11/21