ポーランド、やはり鷲の紋章を胸に

ホスト国のポーランドは、2012年のユーロ、やはり伝統的な鷲の紋章を胸に戦っていくことに。ファンからの抗議(どうして伝統的な鷲の紋章を無くしてしまったのか!?)が相次ぎ、ポーランド/サッカー協会は、鷲のワッペンをこれまで通りつけることを決定。協会会長/Grzegorz Lato:「我々は間違っていた。我々としては、このような議論が巻き起こる状況を作ったこと自体を申し訳なく思う。ただただ謝罪することしかできない」。

2011/11/23