ステーフェンス監督:シャルケが最後の仕事場

ヒュープ・ステーフェンス監督は、新聞でのインタビューで、あと2、3年、監督としての仕事を続けたいと述べた。「60歳を超えても監督でいたいとはまったく思わない。そうなると、明らかなのは、シャルケが自分にとって最後の仕事場になるということ」。ステーフェンスは、シーズン途中、ラルフ・ラングニックが辞任したため、シャルケの監督に就任。

2011/11/23