VWの従業員からのブーイング

VfLヴォルフスブルクの選手たちは、フォルクスワーゲンの社員などが参加する従業員総会にて、このところの不振を受けて、ブーイングで迎えられることに。フェリックス・マガト監督を初めとし、ヴォルフスブルクの選手たちは火曜日の朝に総会に参加。部分的には拍手も起きていたが、それも大きなブーイングで打ち消されるほどであった。ヴォルフスブルクは、リーグ戦をここまで15節戦ってきたが、そのブンデスリーガにおけるクラブ史上最低の成績となっている。

2011/12/06