CL:バイエルン、マンチェスターでの負け

バイエルン・ミュンヘンは、CLグループリーグ最終節で、今季CLでの初の黒星を。すでにグループ首位突破が決まっていたバイエルンは、控え選手を中心としたチーム編成で、アウェイでのマンチェスター・シティ戦に臨んだが、0:2(0:1)での負けを喫した。今季グループリーグでのバイエルンの戦績はこれで4勝1分1敗。マンチェスター・シティのゴールは36分のシウヴァ、52分のトゥーレ。マンチェスター・シティはこのゲームで勝利をあげるもグループ3位。宇佐美選手は81分から途中出場。
ユップ・ハインケス監督:「このゲームに向けては起用できる選手という面で、我々は大きな問題を抱えていた。出場した選手たちは、戦う気持ちを見せてくれ、可能な限りの力を出してくれたと思う。けれども、完全に選手がそろっているシティが相手で、またこのゲームの結果次第では上が狙えるチームとの対戦となると、もちろん、非常に厳しい戦いとなる。重要なのは、我々がグループ首位になれたということだ」

2011/12/07