ジダン率いるチーム、アフリカのために勝利

ジダンやロナウドを擁する世界選抜は、ハンブルクで行われた“Match against Poverty”にて、ハンブルガーSVのオールスターズを相手に、5:4(3:2)での勝利。ジダンは1時間プレーし、その後も、ファンからのサインの求めに丁寧に応じていた。24,300人の観衆の前でゴールを決めたのは、世界選抜では、ドログバ(22分)、ロナウド(27分)、カプデヴィラ(39分)、サルガド(59分)、フィーゴ(72分)。世界選抜には他に、ネドヴェドやカンナヴァーロ、レーマンなどが参加。監督はマルチェロ・リッピ。チームリーダーには、テニスのボリス・ベッカー。 HSVでは、ペトリッチ(8分)、ゼ・ロベルト(19分)、リンコン(64分)、ソン(89分)。HSV選抜は、現役選手とかつての選手の混合チームで、他には、バルバレス、カルドーソ、イェボアが参加。 このゲームのレフェリングを担当したのは、ピエルルイジ・コッリーナ。ゲームからの収益、約250,000ユーロはアフリカの角(ソマリアを中心としたアフリカ東部)での飢餓への戦いに使われる。毎年行われているこのチャリティーマッチがドイツで開催されるのは、2005年のデュッセルドルフに次いで2度目。

2011/12/13