レーヴ代表監督、バラックとの宥和を願って

ヨアヒム・レーヴ代表監督は、元ドイツ代表のミヒャエル・バラックとの宥和を願って「我々みんな、この件について関係してきたみなが、もっとうまく解決せねばならないことだった。関係者全員が。かつての経緯、そして現状、これらは満足できるものではない。この話に関与してきたみながうまく対応できなかった。こうした点ではもちろんある種の失望感がある。けれども、サッカーという世界では、いつしか再び事はうまく動き始めるはず。いつしかすっきりとした気持ちになれるようにと願っている」。

2011/12/17