ラーム:ユーロのタイトルが目標

フィリップ・ラーム(代表キャプテン、28才)は、来年にせまったユーロ大会でのドイツ代表のタイトルへの期待について、それは十分に理解できるものだと「自分が代表入りするようになって、今ほど、タイトルへの期待が高まっていることはない。代表メンバー内でも、また周囲もそうだ。グループリーグをひとまず終えてから、その後どうなるか見ようじゃないかなどと言う必要はない。そうではなくて、我々はヨーロッパチャンピオンになる気でいる」。ドイツ代表は、10戦10勝でユーロ本大会出場を決めた。ドイツは、グループリーグでポルトガル、オランダ、デンマークと同組。またラームは、近い将来、バイエルンとドイツ代表で、大きな大会をいくつも制覇できると信じていて「自分にはまだあと5年はある。その間に、バイエルンと国際的なタイトルを獲りたいし、代表でも1つのタイトルはとりたい。自分としては、そのチャンスはどちらかというとあがってきているように思う」。バイエルン、代表の両チームともに「中心となる核が出来上がってきており、まとまりも出て、才能にもあふれている」。

2011/12/22