メッシ、2011年のワールド・ゴールゲッターに

リオネル・メッシが初めて年間ベストワールド・ゴールゲッターに選ばれた。IFFHS(International Federation of Football History and Statistics)によるもの。このランキングでは、クラブ単位での国際試合、およびに代表での得点数が評価の対象となる。メッシは、FCバルセロナでの国際試合で15得点、アルゼンチン代表で4得点をあげ、トータル19得点を2011年にあげたことになる。2位につけたのは、コロンビア代表のラダメル・フォルカオでFCポルトでの得点とあわせて17得点。ヨーロッパ人選手の中では、マリオ・ゴメスが4位でトップ(16得点)。ゴメスは、2011年、バイエルンでの国際試合で7得点、ドイツ代表で9得点。ブンデスリーガの中でゴメスの後に来るのは、カース=ヤン・フンテラールで18位(シャルケとオランダ代表で11得点)。IFFHSは1991年より年間ベストゴールゲッターを発表してきている。この賞を受賞したドイツ人はただ一人で、ユルゲン・クリンスマン(1995年、17得点で)。

2012/01/01