36選手! マガトのさらなる新記録

このウィンターブレイクに、フェリックス・マガト監督(VfLヴォルフスブルク)は新加入選手を8人獲得。そこで使われたお金は約300万ユーロ。ただ、こうした投資を眠ったままにしておかないのも、マガト監督。土曜、ホームでのボルシア・メンヘングラートバッハ戦では、イブラヒム・シッソコ(20才、コートジボアール)が初出場を果たした。移籍金150万ユーロの彼は、マガトが今シーズン、ピッチ上に送り出した36人目の選手であった。この数字はブンデスリーガ記録。ただ、これまでの記録を持っていたのも、マガト。2000/01シーズン、アイントラハト・フランクフルトで指揮をとっていた際に、マガト監督は1シーズンに35選手を起用していた。バイエルン・ミュンヘンが今季ここまで(20試合)に起用した選手の数は20。ヴォルフスブルクにはなんと言っても、定着したスタートフォーメーションがなく、常に変動している。

2012/02/05