CL:レバークーゼン、バルセロナに敗戦

バイヤー・レバークーゼンは、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の第1試合、バルセロナを相手に、さまざまなことを勉強させられることに。とくにゲーム前半はレバークーゼンのパフォーマンスは今ひとつで、その後もFCバルセロナはゲームを終始優勢に進めると3:1(1:0)で勝利。41分、メッシの素晴らしいパスを受けたサンチェスがゴール、バルセロナが先制。レバークーゼンは52分に、このゲーム最初とも言えるチャンス(カドレツのヘッドによる得点)を生かし同点に追いつくも、55分に再びサンチェス、88分にメッシにゴールを奪われ敗れた。

2012/02/14