シャルケ、遠征先ホテルがベッドを2つに切断

シャルケの選手一団が、ヨーロッパリーグのヴィクトリア・ピルセン戦を前に、滞在ホテルに到着。そこで目にしたのは、ホテル側の驚きの“親切”。ダブルベッド用の土台枠がのこぎりで真っ二つに切断され、シングルベッドが2つに“改装”されていた。シャルケはアウェイゲームでいつも通り、シングルベッドが2つのダブルルームを予約していた。ところがどうも、シングルベッドが足りないと判断したホテルが、のこぎりで切断という、今回の驚きの処置に出たようだ。ホルスト・ヘルトマネージャー「ホテル側は1つのベッドから2つのシングルを作ったみたいだ・・・」今回の遠征は最初から少々つまずき気味で飛行機の扉がちゃんと閉まらないために、デュッセルドルフからの出発が30分遅れ、行き先のプラハでは、滑走路に雪が積もっていたため、上空を旋回して時間かせぎ。結局、シャルケの一団は、予定よりも一時間遅れでチームバスに乗り込み、ピルセンに向かった。

2012/02/15