ドイツ代表、オランダを抜いて2位に

ドイツ代表は、最新のFIFAワールドランキングで、ユーロでの対戦相手オランダを抜いて2位に浮上。トップはスペイン。4位以下は、ウルグアイ、イングランド、ポルトガル、ブラジルと続く。ブラジルは順位を下げて7位。イタリアは順位を1つ上げて8位、9位にはクロアチア、10位にデンマーク。アルゼンチンは順位を下げ、11位。アフリカ杯を制したザンビアは、43位まで順位をあげ、2001年2月以来となるトップ50に返り咲いた。コートジボアールは決勝で敗れたものの、順位を3つあげ、アフリカ勢では最高位の15位に。

2012/02/15