フェラー、ユニホームをオークションにかけることを要求

ルディ・フェラーは、レバークーゼンの“記念品コレクター”の2人に対し、その戦利品を手放すようにと要求。2人とは、マヌエル・フリードリッヒとミカル・カドレツで、戦利品とは、リオネル・メッシのユニホーム。フェラー「カドレツとフリードリッヒの2人はメッシのユニホームを慈善目的でオークションにかけてくれる確信している」。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の第1戦、センターバックのフリードリッヒは、ハーフタイムにメッシのユニホームをゲット。そして、試合終了後にメッシのユニホームを確保したのは、カドレツであった。フェラー「2人がやったことは、間違いなく行き過ぎた行為」。カドレツ「ハーフタイムにユニホームを交換するのは、いずれにせよ、そんなにいい印象を与えるものではないと思う・・・」。フェラーの怒りをかったのは、レバークーゼンの選手の中に、対戦相手という姿ではなく、まるでバルサのファンであるかのような振る舞いをした者がいたこと。ただ、フェラーはほとんどの選手はちゃんとしていたと「90パーセントの選手はちゃんとゲームに集中していた」。

2012/02/16