香川真司、外側靱帯を負傷

アウェイのヘルタ戦、ボルシア・ドルトムントは、香川真司を欠くことになった。練習中に、左足距骨関節(くるぶし)の外側靱帯を傷めたため。マリオ・ゲッツェも欠場中であるため、ドルトムントは、ゲームを組み立てる選手がいないことになってしまった。

2012/02/16