レーヴ代表監督、ハンケは見送り、カカウを招集

ヨアヒム・レーヴ代表監督は、ユーロ開催年の初戦、新たなメンバーを招集しなかった。シュバインシュタイガー、ポボルスキー、メルテザッカー、ゲッツェがケガのために戦列を離れるが、レーヴ監督は、フランス戦(02/29、ブレーメン)に向けて、ユーロ予選のメンバー22選手を招集した。調子が今ひとつのカカウ(シュトゥットガルト)が呼ばれる一方で、このところいいプレーを見せているマイク・ハンケ(メンヘングラートバッハ)の招集は見送りとなった。

2012/02/22