ユーロ、ドイツとスペインが優勝候補

ユーロ参加国の代表監督の意見では、ドイツとスペインが優勝候補のようだ。ワルシャワでの代表監督会合では、多くの監督がこの2つの代表を優勝候補としてあげた。フランチェスク・スムダポーランド代表監督は「どの国が優勝候補かは、皆が知っているところだと思う。自分の考えでは、ドイツとスペインだ」と発言した。ヨアヒム・レーヴドイツ代表監督にとっては、スペインが大本命「優勝候補は常にスペイン。どんな大会でもそうだ」「我々の最低限の目標は、準々決勝進出。ただ、我々のグループには、ポルトガル、オランダ、デンマークというチームがおり、なかなか手強い」。アイルランド代表監督のジョヴァンニ・トラパットーニにとっては、スペインが本命で、そのほかの優勝候補としては、イングランド、オランダ、ドイツをあげている。またかつてカールスルーエでプレーし、現在はクロアチア代表監督のスラベン・ビリッチは、スペインとドイツをやはり大本命にあげている。「しかし参加しているチームみんなにチャンスはある。我々は出来るだけ先まで駒を進めるつもりだ。ちょっとした運が味方すればすべてが可能だ」。フランス代表監督のローラン・ブランは、スペインやドイツ、オランダが優勝争いで一歩先を行っていると発言した。

2012/03/09