カイザースラウテルン、クルツ監督解任

降格の危機にある、1.FCカイザースラウテルンは、3月20日、マルコ・クルツ監督を解任。低迷するチーム成績を受けてのこと。ラウテルンはリーグ戦、ここ16試合勝ち星がない。暫定的に、アシスタントコーチのオリヴァー・シェーファー、GKコーチのゲリー・エールマンが指揮をとる。マルコ・クルツは、2009年よりカイザースラウテルンの指揮をとり、クラブを昇格に導いた(2010年に昇格、2011年は1部で7位)。ブンデスリーガ、今季7度目となる監督交代。
クラウス・トップメラーやフランコ・フォーダといった監督後任候補はすでに自ら就任を拒否し、クラシミール・バラコフ(クロアチア)が後任候補に浮上。

2012/03/20