ドイツサッカー協会、アウシュヴィッツを訪問することに

ドイツサッカー協会は、ユーロが開催される前に、かつて収容所があったアウシュヴィッツを訪問することになった。これは、ドイツサッカー協会のヴォルフガング・ニールスバッハ新会長がインタビューで明言した。「今回の訪問は尊厳をもって行われるべきもので、公に騒ぎ立てるものではない。こうした点で、我々は全員一致で訪問を決めた。自分自身はすでにアウシュヴィッツに行ったことがあり、その時の自分の経験から言うと、ホロコーストの記憶をとどめておくことは本当に重要なこと」。

2012/03/27