CL、バイエルンが準決勝進出に一歩前進

バイエルン・ミュンヘンは、チャンピオンズリーグ準決勝進出に向けて、大きな一歩を踏み出した。そこでの対戦相手は、レアル・マドリードとなるだろう。
バイエルンは、CL準々決勝の第1戦(アウェイ)、オリンピーク・マルセイユと対戦し、2:0(1:0)で勝利。ゴールを決めたのは、ゴメス(44分)、ロッベン(69分)。内容自体は、あまり良くなかったが、効果的な戦いぶりで勝利した。5月19日のミュンヘンでの決勝にまた一歩前進できた。ゴメスは、今季CLですでに11得点目。
ユップ・ハインケス監督:「あえて一つ不満なところをあげるとすれば、イエローを5枚もらったこと。先制点をあげるまでは、本当にいい動きができていた。もし、準決勝の相手がレアルとなれば、それは素晴らしい状況だ。なぜなら、マドリードには、まだまだ多くの友人がいる。けれども、とにかく次のゲームをうまくこなさねばならない」

2012/03/28